働き方紹介

バナナ園グループでは、1 ユニット 9 名までという少人数の入居者様に対し、お一人おひとりに寄り添った介護を提供しています。ケアマネージャー、介護福祉士をはじめ、職員が一丸となってより良いケアの為に日々努めています。

認知症の進行を穏やかにする目的も含め、日常生活での何気ないふれあいに加え、笑顔で会話をする等スキンシップをとり、きめ細やかなコミュニケーションを行うことで常に入居者様のお気持ちを察し、小さな変化も見逃しません。

その他、レクリエーションや体操、リハビリ等による機能訓練もお手伝いします。

お一人おひとりの自立支援を促すケアはもちろんですが、医療分野との連携による認知症緩和の取り組みなど専門的な知識で認知症状の進行を穏やかにし、認知症の方の失われかけた能力を引き出す対応を日々実践しています。

バナナ園グループでは正社員(介護職)新卒社員(総合職)をまとめて「常勤職員」、ショートタイム社員(介護職)のことを「非常勤職員」と呼称しています。

●介護職仕事内容

ケア内容記録、バイタルチェック、排泄介助、調理 食事介助、入浴介助、移動補助、レクリエーション、入床介助、医療機関との連携 他

●理念について

●キャリアについて

わたしたちにとっての仕事

のんびりーす等々力
管理者
栗山 玲さん
バナナ園ほりうち家
管理者
半澤 達雄さん
バナナ園横浜山手

介護職
高橋 菜美子さん

バナナ園横浜山手
介護職

大平 和子さん

のんびりーす等々力
総合職
三宅 祐貴乃さん